skip to Main Content

ABOUT

「生活保護の街、西成」を
発想と行動力で豊かにする、
それがNichidai Creationです。

主に不動産事業を中心に、街に若者を呼び寄せる為の事業を展開しています。 街との親和性を重視しながらも、新たなクリエイティブで街を豊かにすることをミッションにしています。

SERVICE

コミュニティアパートメント
ローレル

元々ドヤのホテルだった8階建てのビルをリノベーションし、『おっちゃんと若者のコミュニケーション』をコンセプトに2020年3月よりコミュニティアパートメントとしてリブランディング&集客を開始しました。

——–———全70室中51室(73%)の稼働率となっております

(2021年5月現在)

ALL inclusive house
KAJA

元々旅行者、外国人向けのゲストハウスとして運営していた全10室のコンテナハウスでしたが、コロナの影響で売上が低迷し、2020年8月よりリブランディング&集客を行いました。宿泊から住居に切り替え、さらにオールインクルーシブという基礎生活費(食事、電気水道ガス、その他必需品)込みの定額制の仕組みを導入しました。

——–———全12室中12室(100%)の稼働率となっております

(2021年5月現在)

KAJA TUK rent

東南アジアでは定番の乗り物「トゥクトゥク」を輸入し、レンタカー事業「KAJA TUK rent」 として、2020年10月より運営を開始しました。西成の街並みとトゥクトゥクのビジュアルとの相性がいいこともあり、事業開始早々に沢山のメディアからもご注目いただき、認知を一気に拡大しました。レンタカー利用だけでなくイベントプロモーションとしても幅広くご活用いただけます。

ONE ART PROJECT

「街の素材を活かしたアート」をコンセプトに、AR(拡張現実)を活用したアート事業を2021年4月より開始しました。街の至る所にARアートを設置し、スマホ片手に街歩きを楽しめるような仕掛けを作っています。
あくまで街が持つ「既存の魅力」を発見、発掘出来るようなアートを創造しています。

現在作成中

HERE IS
NISHINARI

西成についての
私たちの捉え方

西成という街のイメージでよく耳にするのは「怖い、治安が悪い、汚い」等ネガティブな言葉が並びます。ですが、私たちが活動を通して出会った人々は、目が合っただけで襲い掛かってくるような野蛮な人でもなければ、依存症で会話の意思疎通が全くできない人でもありません。ただ、人より優し過ぎたり、傷つきやすいが故に自分の居場所が分からなくなってしまった。そんな人達が沢山居ます。だから、こちらから心を開いて盃を交わせば、他では聞けない波乱万丈なエピソードや隠れた特技がわんさか出てきます。
ばっちり決めたメイクや衣装で着飾るオシャレな街もあれば、オフィススーツが似合う街もある。ただ此処は、そんな日常に疲れた人々が集う街。だからこそ、何も持たない等身大の自分を受け入れてもらえる。色んな経験をしてきた西成の人達だからこそ、他人の痛みが分かる。排他的な環境だからこそ、埋もれたままの才能がある。そんな人情味と可能性があふれる”ちょっと王道から外れた大人たち”が集まる街。それが、私たちから見た現在の西成です。

ABOUT

「生活保護の街、西成」を
発想と行動力で豊かにする、
それがNichidai Creationです。

主に不動産事業を中心に、街に若者を呼び寄せる為の
事業を展開しています。 街との親和性を重視しながらも、
新たなクリエイティブで街を豊かにすることをミッション
にしています。

SERVICE

コミュニティアパートメント
ローレル

元々ドヤのホテルだった8階建てのビルをリノベーションし、『おっちゃんと
若者のコミュニケーション』をコンセプトに2020年3月よりコミュニティ
アパートメントとしてリブランディング&集客を開始しました。

——–—————–—————–———全70室中51室(73%)の稼働率となっております。

–————–—————–———(2021年5月現在)

ALL inclusive house
KAJA

元々旅行者、外国人向けのゲストハウスとして運営していた全10室の
コンテナハウスでしたが、コロナの影響で売上が低迷し、2020年8月
よりリブランディング&集客を行いました。宿泊から住居に切り替え、
さらにオールインクルーシブという基礎生活費(食事、電気水道ガス、
その他必需品)込みの定額制の仕組みを導入しました。

——–—————–—————–———全12室中12室(100%)の稼働率となっております。

–————–—————–———(2021年5月現在)

KAJA TUK rent

東南アジアでは定番の乗り物「トゥクトゥク」を輸入し、レンタカー事業
「KAJA TUK rent」 として、2020年10月より運営を開始しました。西成の
街並みとトゥクトゥクのビジュアルとの相性がいいこともあり、事業開始
早々に沢山のメディアからもご注目いただき、認知を一気に拡大しました。
レンタカー利用だけでなくイベントプロモーションとしても
幅広くご活用いただけます。

ONE ART PROJECT

「街の素材を活かしたアート」をコンセプトに、AR(拡張現実)を活用
したアート事業を2021年4月より開始しました。街の至る所に
ARアートを設置し、スマホ片手に街歩きを楽しめるような仕掛けを
作っています。あくまで街が持つ「既存の魅力」を発見、発掘出来る
ようなアートを創造しています。

公式サイトは現在作成中

HERE IS NISHINARI

西成についての私たちの捉え方

西成という街のイメージでよく耳にするのは「怖い、治安が悪い、汚い」等
ネガティブな言葉が並びます。ですが、私たちが活動を通して出会った人々は、
目が合っただけで襲い掛かってくるような野蛮な人でもなければ、依存症で
会話の意思疎通が全くできない人でもありません。ただ、人より優し過ぎたり、
傷つきやすいが故に自分の居場所が分からなくなってしまった。そんな人達が
沢山居ます。だから、こちらから心を開いて盃を交わせば、他では聞けない
波乱万丈なエピソードや隠れた特技がわんさか出てきます。
ばっちり決めたメイクや衣装で着飾るオシャレな街もあれば、オフィススーツが
似合う街もある。ただ此処は、そんな日常に疲れた人々が集う街。だからこそ、
何も持たない等身大の自分を受け入れてもらえる。色んな経験をしてきた西成の
人達だからこそ、他人の痛みが分かる。排他的な環境だからこそ、埋もれたままの
才能がある。そんな人情味と可能性があふれる”ちょっと王道から外れた大人たち”
が集まる街。それが、私たちから見た現在の西成です。

ABOUT

「生活保護の街、西成」を
発想と行動力で豊かにする、
それがNichidai Creationです。

主に不動産事業を中心に、街に若者を呼び寄せる為の
事業を展開しています。 街との親和性を重視しながらも、
新たなクリエイティブで街を豊かにすることをミッション
にしています。

SERVICE

コミュニティアパートメント
ローレル

元々ドヤのホテルだった8階建てのビルをリノベーションし、
『おっちゃんと若者のコミュニケーション』をコンセプトに
2020年3月よりコミュニティアパートメントとしてリブランディング&集客を開始しました。

——–———全70室中51室(73%)の稼働率となっております

(2021年5月現在)

ALL inclusive house
KAJA

元々旅行者、外国人向けのゲストハウスとして運営していた全10室のコンテナハウスでしたが、コロナの影響で売上が低迷し、2020年8月よりリブランディング&集客を行いました。宿泊から住居に切り替え、さらにオールインクルーシブという基礎生活費(食事、電気水道ガス、その他必需品)込みの定額制の仕組みを導入しました。

——–———全12室中12室(100%)の稼働率となっております

(2021年5月現在)

KAJA TUK rent

東南アジアでは定番の乗り物「トゥクトゥク」を輸入し、レンタカー事業「KAJA TUK rent」 として、2020年10月より運営を開始しました。西成の街並みとトゥクトゥクのビジュアルとの相性がいいこともあり、事業開始早々に沢山のメディアからもご注目いただき、認知を一気に拡大しました。レンタカー利用だけでなくイベントプロモーションとしても幅広くご活用いただけます。

ONE ART PROJECT

「街の素材を活かしたアート」をコンセプトに、AR(拡張現実)を活用したアート事業を2021年4月より開始しました。街の至る所にARアートを設置し、スマホ片手に街歩きを楽しめるような仕掛けを作っています。
あくまで街が持つ「既存の魅力」を発見、発掘出来るようなアートを創造しています。

現在作成中

HERE IS
NISHINARI

西成についての
私たちの捉え方

西成という街のイメージでよく耳にするのは「怖い、治安が悪い、汚い」等ネガティブな言葉が並びます。ですが、私たちが活動を通して出会った人々は、目が合っただけで襲い掛かってくるような野蛮な人でもなければ、依存症で会話の意思疎通が全くできない人でもありません。ただ、人より優し過ぎたり、傷つきやすいが故に自分の居場所が分からなくなってしまった。そんな人達が沢山居ます。だから、こちらから心を開いて盃を交わせば、他では聞けない波乱万丈なエピソードや隠れた特技がわんさか出てきます。
ばっちり決めたメイクや衣装で着飾るオシャレな街もあれば、オフィススーツが似合う街もある。ただ此処は、そんな日常に疲れた人々が集う街。だからこそ、何も持たない等身大の自分を受け入れてもらえる。色んな経験をしてきた西成の人達だからこそ、他人の痛みが分かる。排他的な環境だからこそ、埋もれたままの才能がある。そんな人情味と可能性があふれる”ちょっと王道から外れた大人たち”が集まる街。それが、私たちから見た現在の西成です。

Back To Top